岡崎工場Okazaki Factory

2棟に分かれ、多様なニーズに対応する
多機能工場

岡崎市内の東部工業団地内に位置する「岡崎工場」は、2004年に新設された社内で最も新しい工場です。総面積11,093平方メートルの敷地内には、ブランキングラインを主軸とする「BK工場」と、テーラードウェルドブランク加工を主軸とする「TWB工場」の2棟が建っています。額田工場と同様に新東名高速・岡崎東インターに程近く、物流機能にも恵まれています。

BK工場

「BK工場」のブランキングラインでは、プレス機でさまざまな形状の鋼板を切り抜き、自動車用鋼板をドアなどの部材にプレス加工する前工程として不可欠な加工を行います。また、工場内には金型倉庫とコイル立体倉庫を有し、大量の金型とコイルを保管することで、お客様のニーズにジャストインタイムで対応します。

TWB工場

「TWB工場」では、材質や板厚の異なる鋼板を溶接しています。同技術によって、必要な箇所のみに板厚の厚い鋼板を使用し、必要のない箇所は板厚を薄くすることができ、車体の軽量化を実現しています。また、普通鋼とハイテン鋼など、材質の異なる鋼板を溶接し、1枚の薄板にしてから部品に加工できるため、パネル点数や部品点数の削減も可能にし、製造コストを低減します。

設備仕様

生産設備概要機種 製品仕様 板厚 板幅 長さ 月産能力①ブランキングライン800t②オートシャーSAR-620③オートシャーSAR-525④TWB1号機⑤TWB2号機⑥ミニブランキング110t⑦手動半自動シャー⑧手動2尺⑨手動6尺ファイバーレーザー 枚倉庫⑩金型倉庫 長さ 巾 高さ 重量 保管棚数⑪コイル立体倉庫